Try to challenge

2021/8/10

チャレンジ4 母入院で不安な一人暮らしが一転、ソウルに行く

Behind story チャレンジャー西本理恵 ~どん底からV字快復ストーリー チャレンジ4  ガンガンに BGM が流れる韓流スターイベント会場で「私、こんなとこ来ちゃってるぅ」 と、新たな自分に出会う。若い韓国俳優が目の前にいる興奮。オーラを放ったチョインソンに、また会いたい。おばさんの追っかけは、自宅からいきなり東京に行ったことから始まった。その後、母が入院して一人で留守番をする試練も味わうが、それが私を強くしたのか、韓国ソウルでのファンミーティング開催を知るや心がざわめき、「行きたい」と強く思い ...

母の介護

2021/6/27

6月の母の様子【リモート介護】

6月の母の様子は曇時々晴れ 母は相変わらず傾眠・テンションアップ・徘徊・傾眠・テンションアップの繰り返し でしたが、まずまずの日々。 一度もホームドクターに連絡することもなく、言うことやることは壊れてますが、比較的元気だったと思います(*^^)v 2年前、孫が アイルランドに行く前に一緒に食事会をした時、どこか上の空で あまり食べなかったのです。その後 肺炎になっていることがわかって入院したのも六月でした。 一週間だけ入院させ、自宅で訪問介護で元気になって現在に至ります。九十歳を過ぎると、半年単位で衰弱し ...

Try to challenge

2021/6/3

チャレンジ3  イケメン 韓流スター来日! 日帰り東京旅行で引きこもり終わり

人生を振り返った時 あそこが私の折り返し地点だった、あるいは復調するきっかけだったと自身が認める出来事があるはずだ。韓国ドラマ三昧の日々、芸能人に興味がなかったはずなのに、お気に入り俳優来日で、ひきこもり生活に終止符を打てた。限界突破は狂ってみることから始まる!と今 再び自分に言っている。

わくわく

2021/5/20

エンパワーデヴィ夫人✖中島侑子スペシャル対談

デヴィ夫人✖中島侑子スペシャル対談の感想 先週、デヴィ夫人✖中島侑子スペシャル対談を拝見しました!  とても良い対談でした。というのも、テレビではなく、一般の Zoom を通してなので編集とかされてないこと。それでリアルな対談だったからです。 どんな言葉が印象に残ったか?・・・   デヴィ夫人は、見た目が美しい女性よりも、女性特有の気遣い、やさしさ、特有の内助の功、そのようなことを大事にされていることが特に印象的でした。 大富豪のお知り合いお友達の奥様は、特別美しいと ...

バリアフリー改築

2021/5/4

広島サッカースタジアム建設と障害者トイレ

気になる多目的トイレ 広島市サッカースタジアム整備事業  広島の中心部に念願のサッカースタジアムと公園が建設されます。 サンフレッチェのサポーターの皆さん いよいよですね! 本当に実現します。 世界でも、こんな便利な市街地の中心にサッカースタジアムができる事は珍しいのでは? 広島城、美術館、リーガロイヤルHTLの近く、真横です。 広島市サッカースタジアム整備等事業のHPより。右は広島城のお堀 交渉権をもつ上位2つが決まりました。^_^ 優先交渉権者 : 大成・フジタ・広成・東畑・EDI・復建・あい・シーケ ...

CAから一転。難病で体を自分で動かせない要介護5のチャレンジ of Life

Profile

西本理恵(にしもとりえ)バリアフリー/PRコンサルタント
広島女学院➔日本女子大➔航空会社勤務(JAL国際線CA、地上職)後に広島へUターン。1960生まれ、広島出身。自身でバリアフリー改築した築100年の実家で電動車椅子を利用しながら、認知症の母親と介護生活を送る。マネージメント力を究め、遠隔介護術をブログなどで発信。不動産事業を引き継ぎ、バリアフリーを 意識した 賃貸アパート建設に関わり、 広島のバリアフリー街づくりに貢献したいと考え、PRを学び現在活動中 。

【実績】講演>YMCA介護/医療専門学校. 築100年古民家エコバリアフリー改築. 花と緑バリアフリー集合住宅建築4棟. 高齢者のつけ襟販売. 電子書籍出版『立ち直る力』
【語れること】
・家族の介護期間と負担を軽減させる健康増進ノウハウ(栄養)
・家族の介護をしないでディレクターになる在宅介護アドバイス
・在宅介護経験を活かした介護リフォームフロアープラン
・高齢化社会を見すえた収支安定の賃貸アパート建設のコンサルティング
・手をかけなくても楽しめる花の育苗と選別

当サイトは、うつ、長いひきこもり、電動車いす利用の肢体不自由な娘が高齢の母(認知症)の在宅介護を乗り越えて人生を創造していく自分へ、チャレンジャーBlogです。

 

私はかつて、国際線CAとして世界を飛び回っていました。慢性関節リュウマチに罹患後,地上職を経て広島へ帰郷。

心を閉ざして家に引きこもっていましたが、さらに長期入院手術により、介護認定は最重度5になりました。

転機が訪れます。脳(思考)と生まれながら持っているマインドが復活して、自分の人生を拓き、思うように創造しよう!と、別人のようになりました。必要だったのは栄養!詳しくは拙著『立ち直る力』B08P3QV7KB

【人生を創造していく自分へ】

1.健康度UP栄養(アンチエイジングとマインド強化)

2.今を生きる姿勢と思考転換

3.介護に関する情報発信 (リモート在宅介護)

をメインに発信しています。

1.健康度UP栄養(アンチエイジングとマインド強化)

特定疾患の慢性関節リュウマチで介護保険を利用しています。最重度5の寝たきり状態でしたが、現在は知力と制度をフル活用して、外出や旅行(海外)もできるようになりました。
なぜ人生が好転し始めたか…それは栄養・食養でした。誰でも持っている立ち直る力が悠々と湧き出始め、本来の自分に戻っていったのです。

2.今を生きる姿勢と思考転換

日常生活のほとんどは「介護ヘルプ」で成り立っています。「できない事」から自分を「できること」「できるように考えること」に頭と心をシフトさせていくと、自分だけでなく、家族も生活がうまく回り始め、鬱々とした日々に晴れ間も現れるようになりました。

生きていく上で必要な目的達成のために、介護の段取りの仕方・手段が、一般的でなくても選んでは進むのみ…

凹んだり悔しい思いは次の成功に繋げればよいのです。

この繰り返しで得られたメソッドは、私のパワーとなりました。

3.介護に関する情報発信 (リモート在宅介護)

在宅介護や療養する人が増え続けています。そのため家族の介護負担も増えていくと推察されます。

医療・介護現場は、個人情報アセスメントが重要視されますが、十分なヒアリングの時間がないの実情です。

そこで必要な被介護者の人生・病歴データ・近況状況を

、事前に「介護準備リスト」として作成し、必要なときに家族の誰でもすぐに提供することで、適切なサービスを提供・享受できる良好な関係を築きます。

これは私が慢性関節リュウマチに罹患して要介護5の訪問介護生活をおくりながら、同時に認知症の母の在宅介護、入院、手術を口頭指示とスマホでリモート介護をしてきた経験から、「ハンディがあってもできる『サービス受け上手』介護」はあると考え、発信・実践しているものです。遠隔介護と呼ぶことにしました。

Remote controlからヒントを得てRemoteCare、リモコンならぬリモケア?!って感じでしょうか。

遠くに住む親の介護で悩んでいる方、近くでも事情がある人に、私がする口頭指示とメール、電話だけで各事業所と連絡を取り合うマネージメント方法=介護メソッドは使えるのではないかと思い、ブログで「遠隔介護」「介護マネージメント」のコツを紹介します。

親の介護があっても「自分の人生も大切に」する人を増やしていきたいと思っています。

活動・ミッション

*地元広島で、「あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、 福祉を推進する」を掲げた地域社会の団体や企業のPR協力。
*待望の新サッカースタジアムが広島市中心部に整備建設される。熱烈サッカーファンであり、また電動車いすスタジアム観戦者の経験から、ユニバーサルデザインの要望を広島市へ伝えていきたい。

*無類の花好き。数多くの花を育てた経験から、高齢・障害者が楽しめる強健な花植物の選別・育苗を普及したい。広島の街が緑と花に彩られ、再訪したいNo1が広島と「広島フラワーフェスティバル」になるよう、国際都市HIROSHIMA のPR活動をミッションとする。

© 2021 RieLivingCare