介護 住居・環境

母の酷い喘息が治った -①エコ・バリアフリー改築

母は喘息が酷かった。現在は加齢もあり認知症が酷くなっていますが喘息は完治。今日は、私が治るきっかけの一つになったと思う改築のことを書き留めておきます。

・マイホーム新築・リフォーム工事するなら ●介護や病気を留意した視点で内装工事

・お金をかけるのだから、設計士任せはダメ ●自分達もリサーチ➔指示してとことん追求

私が帰郷することになり、三世帯同居から古民家改築と新居建築で2世帯分離となった。孫達家族の新居を先ず建てた後、母屋の古民家を改築という順だったので、改築プランを練る時間は十分だった。

老いた両親と慢性関節リュウマチの出戻り娘が住むバリアフリー古民家改築は、介護と車椅子利用等の視点が要るため、当時離れて住んでいた私がプランと素材品番を設計士へFAXして指示することにした。

義姉達の家の設計担当者に古民家改築も結局お願いすることなったが、、義姉以上にうるさく細かいクライアントに辟易したにちがいない(苦笑・汗)  

建築士と違って私はどうだったかというと、専門学校インテリアスクールにも通ってフロアープランや基本的な“住まい”の知識を得ていたので、改築プランを考えるのは退職後ぷー生活にもかかわらず毎日ひじょーに楽しくわくわく。(^^♪なぜなら、自分が海外を訪れ感じた「古いもの、歴史を重視する」点を活かしたいと強く思った。また、古民家再生プラス介護、エコを目的とした欲張りな改築となると、myセンスが存分に発揮できるからだった。(かなり自惚れ強いわよねぇ>0<)

改築プランニング 要点

①田舎の家にありがちな広くて寒い、不便な動線の解消

②母の喘息 健康留意 採光 建材や塗料などエコ 

③老夫婦と障害者の介護を見据えたフロアープランとバリアフリー化。

④古いものを再生させ、和風モダンな住まい

(窓がない場合、天井とっぱらってガラス瓦から採光。古い戸を横にはめ込む方法は建築雑誌に掲載されていたので、雑誌を設計士へ送って同様にしてもらった。少しでも明るくするため)

介護を考慮して家を建てたり、改築する場合、少しでも参考になればうれしいので(*^^)v特に気を付けた点をまとめました。

【動線】--- フロアープラン

・ベッドとトイレは最短

 (必ず隣にあるイメージ)

・外部から訪問介護が受けられる

(プライベートと訪問者の動線がクロスしない。デッキ増設)

・車椅子利用ができる

(幅 建具引き戸に注意)

・台所、流し台、冷蔵庫、食器棚 

(最小歩数 振り返れば電子レンジ 食器棚とか)

・洗濯機(乾燥機付きがおススメ※1) とキッチンの距離と動線

 浴室とトイレと洗濯・収納はセット

※1) 介護保険の家事援助時間は短縮傾向。多くの家事を望むなら、いつでも乾燥機付き洗濯機が置けるスペース幅・高さを考慮しておくこと。2019/家事援助は30分〜45分。(調理・ごみ出し・掃除・洗濯・どれだけできる?!)身体介護がつくと家事のセットで1時間30分。独居の親の介護なら、電気代よりも一品多く料理を作ってもらう方がお得になるし健康維持できる。加齢や身体能力が落ちて不自由になる時に改修・改築するより、30代40代50代でマンションや住まいを購入する時に、終の棲家としての視点(採光、ベッド(LDK)、動かせない梁や壁)も必要だと思う。

【健康エコ建材】

ホルムアルデヒド対策 (母の喘息が治るように)

珪藻土塗り(湿気調整)

漆喰

オーガニッククロス (接着剤・糊もセット販売。接着剤は要注意)

室内塗装とデッキも柿渋と弁柄塗装

造る時に壊すことも考慮すべきだと当時思った。

将来、古民家を解体して捨廃材処理で埋められても、大地に負荷が少ない素材選択は、人間にも良いし、一緒に連れてこられた老猫にも優しいと考えた。したがって便利なユニット洗面台もやめ、鏡と木製の板を東急ハンズで探して台だけという選択に。(しかし収納が少ないため、住んでみて困ったが。汗)

喘息を治すには・・・

母の喘息が治るようネットで調べまくっても、大人の喘息治癒についてコレといったものがみつからない。

ストレス(孫と家事のオーバーワークか?)、ダニ(汚い絨毯か?)、ホコリ(いっぱいありそう)、化学物質(平気で何でも使う性格)・・・全部当たりすぎてわからなかった((*_*;) 改築でフローリング、建材選びをすれば、原因不明の喘息が治るかもしれないと当時思ったのだ。

押し入れのべニア板について

ホルムアルデヒドがゼロのものが流通が少ないせいか、一枚単価が高くて驚いた。身体に良いものが需要が少ないから高い。なんてこった!衝撃。ホルムアルデヒド漬けのべニアにもランクがあるので、締めきった押入れ素材として選ぶ際は、過敏性の人は要注意だと思う。

クロスも接着剤もオーガニックにしたかった。探すと、京都の織物会社で時代の変化に合わせ販売しているところがあった。探すとあるものだ!と探求にますます熱が入っていったが、建具や柱の塗料も自然なもの、日本国内の田舎で昔から大きな柱に使用されているベンガラが入手できず途方に暮れた。

古本屋でインテリア雑誌を大量に買って見ていると、私と同じように昔からの塗装にこだわった方の邸宅が紹介されていたので出版社にダメもとで問い合わせてみた。すると購入先のヒントをくださったので建築士にFAXして手配してもらうことができた。出版社とお施主様のご親切な対応に心から感謝した。

(設計の方は、わが家の改築後、このベンガラ塗装を使って古い商店改装や街並み保存へビジネス展開されていき、出版社の方のご厚意から始まり、ステキな連鎖となった。自然塗装は防虫や色など素晴らしいが、乾くのに時間が必要。人工代や工期が倍になるので敬遠され衰退していくのかもしれない。)

塗装でお金がかかる分、我が家の扉はネコが片手で開けられるほど軽くて超安いシナベニアという、選択と諦めの連続だった。


母の酷い喘息が治った!

昔からの柿渋・ベンガラと徹底的にこだわって化学物質を遠ざけたこと、私との生活が始まって調理の砂糖・甘味料も不使用にしたり、キッチン・バスマットも置かなかった。(防カビ)  
私の慢性関節リュウマチも、母の喘息も風邪で悪化するため、初期の段階で、ショウガ 梅干し白湯、蜂蜜・プロポリスなどで撃退☆彡ひかせないように気を付けた。すると薄紙をはがすように喘息発作も全く出なくなっていった。

 母の主治医は今でも「よく治ったね」と仰るとヘルパーさんから聞くたび、病院へ行きたがる母を行かないようウソ泣き説得したころを思い出す。急にはステロイドスプレーをやめられない。徐々に病院から遠ざけたことが良かったんじゃないかなぁと、密に思っている。

先月、卒寿を迎えることができたのである。孫の送り迎え、夫や障害の娘に愛情をもって面倒を見てきたので苦労が多かった。介護を受けるようになった今、認知症になってやっと解放されているんだと感謝とともに思う今日このごろ。

人気記事

1

高齢者といっても、それに超がつく超高齢者、それは私の母です。 熱も咳も顕著な変化はなく、微熱程度で全く食欲不振というわけではなかった高齢の母が、肺炎とわかるまでの経過、介護ポイントをまとめておきます。 ...

2

このブログは、ワードプレスの無料テーマ「シンプリシティsimplicity」から始めました。 しかし、私の生活と母の認知症や加齢に伴う変化によってブログに費やす時間が少なくなったため、どうしたものかと ...

3

こんにちは。アレレ..加齢によってマイボディーは歳をとっていたんだ!と気づかされる日々です。 左耳に水が入って聞きづらいんだ…と耳鼻科に行ってみたところ、なんと副鼻腔炎(蓄膿症)だったのです。 6月の ...

4

ご訪問頂きありがとうございます。 6月4日に大腿骨を骨折して3ヶ月ちょっと。 その間いろいろありましたが、今日は、ギプス装具による皮膚トラブルによりついて。 入院手術もせず、ギブスは私の足の状態に合わ ...

5

こんにちは。2年前のちょうどこの頃、慢性関節リューマチで通院している私の血液検査が異常を示し、腕や身体の関節がアンコントロール!と叫びたいほど痛くなった。 慢性関節リューマチの再熱か?  足が腫れて何 ...

6

Contentsabout-me⓷父からの宿題 誰もが諦めていた貸地を裁判で取り戻すもうーおとうちゃんったら!!なイワクつき土地に2棟のアパート建築(2017)母と私の思いダウンライト等の照明、外構の ...

-介護, 住居・環境
-, , , , , , , , , , , ,

© 2021 RieLivingCare