介護 高齢者の入院

高齢者の入院

ご訪問頂きありがとうございます。

陽射しが強くなり植物もグングン成長

パンジー、ビオラも勢いよく咲き始め、ニオイスミレの群生を今年も確認するこができた☆彡 (草と勘違いされ抜かれる)

母の入院時を思い出しながら高齢者の入院について、2019年の今思うことを少し書き記す。。

長く生きている高齢者に、ある時、重篤な疾病が見つかった場合、家族と医師とで治療方針について、説明やどうするか話し合われることになります。

病院の対応は、

積極的な投薬は、年齢のこともあるからしない方が良いと言うかもしれない。外科的治療も同じだと思う。ただし骨折は部位によっては手術して痛みをとる方が良いと判断される。腰の圧迫骨折は多くの高齢者が経験する骨折のひとつでコルセット着用で自然治癒を待つことに。

病院で積極的な治療とならない理由は、体力がないから。

高齢者の治療は控えめに・・・
コレは暗黙の了解になっているような気もするが...逆に高齢者患者相手の利益追求の病院ビジネス?と感じたことも母の場合あった。
高齢化社会で国保・医療費が右上がりになるため、どこまでするか医療の線引きが難しい。

家族は、その高齢者に長生きして欲しいと思うか、死なせたくないとまず思うのか。同じようでも、この違いが医師との話や入院治療、介護の方向性を決めると私は考えるようになった。

まず入院、可能な限りの治療と経過観察となる。

次にどうするか

家族の意向・決断を聞く

①自宅か ②施設か ③転院か・・・  

それが問題だ!決められません〜(>_<) 加齢により身体に不具合がある現状よりも悪化させないで、細く長生きして欲しいと願うなら、入院期間は最短にするように医師に伝え、意思を固めるべきである。

理由は、70代後半〜80代、90才〜個人差はあっても、認知症状が出始めているのに入院が長引くと、さらに症状が進むから。(経験済)

少しなら・・と思っても、高齢者の筋力は1日単位で落ちる!

母は歩いてトイレに行け、台所にも立てていたが、インフルエンザで入院して途中から肺炎にもなってしまい、結局40日も入院する羽目になった。私が介護ができないため1週間の入院予定が、退院時は車椅子でトイレにも独りで行けない、ベッドから起き上がれないほど弱ってしまった。もうこれ以上病院にいては危ないと、ケアマネージャーと介護会社の協力を得て在宅介護に切り替えたのだ。

日に日に認知症状が酷くなり、ベッドから一人で車椅子に移れなくなっていって、高齢者の肺炎の怖さを思い知った。院内細菌は抗生剤投与によって手強くなっている。

家族は、このやっかいで恐いことを、よーく認識すべきかと思う。
入院させると家族は安心感がありますが。。。

高齢者が入院すると・・・疾病や不調は治っても、足腰が弱って歩けない、ボケて退院後も在宅介護が困難になる可能性が高い!

・センサーマットでベッド拘束され

  (院内で骨折させないため)

・点滴、ブドウ糖液など糖質を投与され、ベッドで横たわる

・お漏らしの更衣は人手がいるから おむつ着用

・食事は食べてなくても時間で下膳。

排尿量>水分摂取(食事)

脱水症状や認知症状が出ないわけがない。

なかには独居の在宅よりも入院した方が食事が逆にできる人もいるかもしれませんが。

現在、うちの母が意味不明の発言をして、私が振り回される時は、間違いなく脱水気味の時です。お皿に手を付けず食べていない時など。

対処は、水分補給。水分多い好きな食事。

レトルトカレー ビーフシチューの出番(*_*;ヨーグルト、R-1ドリンク、ご飯(おかゆ)とみそ汁でもいい。とにかく本人が口にするなら、薬や疾病で制限されていないものならなんでもOKと思います(*^^

現在の医学教育の根本的誤り=医師が栄養に関して無知であること” リンクして参考にさせていただきます。

糖尿病、腎疾患などは要注意ですが、水分摂取などの制限がない場合、入院中の高齢者のケアー orお見舞いに行くなら・・・

喉ごし良いゼリー、 ウイダーインゼリー(ビタミン こぼれない)、

ザバスドリンク(コンビニにもあり) タンパク質・ビタミン 

フリカケ個包装

みかんオレンジ・スクイーズ 圧縮機を持参するのもいいですね!(炎症あるならビタミンC )

※グレープフルーツは高血圧などのお薬服用中×だったりするからダメ

りんごのすりおろし

ベッドサイドでお食事の場合は、食事介助を兼ねてお見舞いに行くのも良いと思います。母が入院中、途中から肺炎になり、私の友人達が夕食見介助しに寄ってくれていたこと、本当にありがたかったです。

まとめ

高齢者の入院 = ベッド寝たきり状態治療より、なるべく座位で食事(水分摂取)、食事の見守り介助

高齢者、1日も早く退院させるのが◎ 在宅介護できるなら介護保険利用。ヘルパーの方にマンツーマンでケアーしてもらって養生する方が良い。

お見舞いは、事前確認してOKなら、短時間で、食事介護や50cc100ccでも水分補給になることを!

今日も良い一日を。

花かんざし:長期間咲き、白い小花が可愛い。

      RIELIVINGCARE  SHOP


人気記事

1

高齢者といっても、それに超がつく超高齢者、それは私の母です。 熱も咳も顕著な変化はなく、微熱程度で全く食欲不振というわけではなかった高齢の母が、肺炎とわかるまでの経過、介護ポイントをまとめておきます。 ...

2

このブログは、ワードプレスの無料テーマ「シンプリシティsimplicity」から始めました。 しかし、私の生活と母の認知症や加齢に伴う変化によってブログに費やす時間が少なくなったため、どうしたものかと ...

3

こんにちは。アレレ..加齢によってマイボディーは歳をとっていたんだ!と気づかされる日々です。 左耳に水が入って聞きづらいんだ…と耳鼻科に行ってみたところ、なんと副鼻腔炎(蓄膿症)だったのです。 6月の ...

4

ご訪問頂きありがとうございます。 6月4日に大腿骨を骨折して3ヶ月ちょっと。 その間いろいろありましたが、今日は、ギプス装具による皮膚トラブルによりついて。 入院手術もせず、ギブスは私の足の状態に合わ ...

5

こんにちは。2年前のちょうどこの頃、慢性関節リューマチで通院している私の血液検査が異常を示し、腕や身体の関節がアンコントロール!と叫びたいほど痛くなった。 慢性関節リューマチの再熱か?  足が腫れて何 ...

6

Contentsabout-me⓷父からの宿題 誰もが諦めていた貸地を裁判で取り戻すもうーおとうちゃんったら!!なイワクつき土地に2棟のアパート建築(2017)母と私の思いダウンライト等の照明、外構の ...

-介護, 高齢者の入院
-, , , , , , , ,

© 2022 Resilience 〜潜在能力を活かすマネジメント