介護 母の介護

歩行困難な高齢者のスリッパは、どんな履物がいい?

この夏の暑かったせいか、高齢の母は体力を奪われたようです。

在宅酸素療法をしているので長いチューブで繋がれての歩行。だんだんと足元がおぼつかなくなり、つたい歩きをすることが多くなりました。

酸素チューブが常に一緒について歩いているので、それだけでも転倒リスクが高いのです。先日、トイレでガタガタと音が音がして偶然私のヘルパーさんがいらっしゃったので見に行ってもらうと、前かがみになって突っ込んで転倒してしまいました。><

脚力が衰えたときに、どんな履物が転倒リスクを減らすか考えてみたいと思います。

高齢者:転倒リスクを避け、室内では何も履かない場合

1.部屋でスリッパは履かない --長年の習慣

絨毯カーペット、畳の場合、歩行困難になるとスリッパをはかないという選択肢もあります。

長年の習慣で、部屋では靴下だけという人もいるでしょう。
履物は転倒するリスクがある・・・と思う人。

本人が快適に感じ、危なくないのが一番良いです。

2.素足・靴下だけなら、何か工夫した方が良い?

部屋に床暖房がある場合やコタツ使用なら、スリッパなどを履かない方が足が温まってホカホカですね。!(^^)!

靴下も裏に滑り止め加工されているものとか、高齢者の介護用売り場には工夫されたものが沢山あります。

また、床がカーペットの場合も、最近は転倒事故が起こらないような巣材もあるので、住まいや好み、習慣によって最適なものを選ぶと良いと思います。

高齢者:転倒予防のスリッパの選び方

1.巻き爪 外反母趾などがある場合

つま先が開いているスリッパが良いと思いがちですが、高齢になると体幹バランスが変わってくるので爪先が開いてない方が良いでしょう。しかし、爪のトラブル(水虫治療)や変形があって痛む時は、つま先がない室内履物を一時的に利用して様子をみましょう。

母の場合、足の爪にトラブルが発生したので、指先が出るサンダル風スリッパをまず購入してみたのです。
しかし、円背で前屈みになる姿勢だと足を支える部分が多くなければ足元がふらつくのです。あとづさりバックしたらスリッパが脱げそうになる!(ひっくり返るかと思って@@ビックリ)

これじゃダメか〜〜と、やはり、「フェルトで足を包む指先解放ナシ」をネット検索して見つけたのがコレ ↓↓

 

それまで使っていたスリッパに似ていたので購入してみました。【全品クーポン】マジックフェルト ウール ルームシューズ 北欧 滑り止め【36/S 38/M】フェルト スリッパ かわいい シンプル おしゃれ i42

サイズMにして、ぴったりでちょうどいいわ〜なんて喜んでいましたが、お手洗いで前のめりに転倒。@@骨折しなくて本当に良かった@@です。骨折したかと。

フローリングの床の場合、スリッパの裏がフェルトだとやはり滑ってしまう。汚れが裏について滑りにくくなるはずですが、購入したては高齢者の利用を注意深く見守る必要があると思いました。

同型の同素材(フェルト)を買ったスリッパですが、新品の弱点を知り、以前使用していた汚いものにとりあえず戻しています。

なるべく足を包み、安定感がある室内バキを見つけるのは難しいです。

2.高齢者の身体機能低下に応じた室内バキの選択

歩くということは高齢者、特に要介護者にとって自立に結びつきます。母の加齢による筋力の低下を見てきて、筋力低下を防ぐためにも歩行は大切だと痛感しています。

(歩行のエネルギーは、食べ物・食事というのが持論です!(^^)!)

6月の肺炎、入院(1週間)在宅酸素療法(現在は0.5)チューブを常につけて歩く生活をしていると、寝る時間が増え、歩行する時間が減ったように思います。そしてこの夏の暑さ…筋力も落ちて、立っていることさえ辛くなってきたようです。

 

介護が要る高齢者の室内スリッパは、

・体形
・癖
・状態
・姿勢
・歩き方

などの特徴があるなら、それらに合う介護スリッパを選ばなくてはなりません。

・住居環境 段差
・フローリング
・カーペット
・畳
・クッションフロア
・床暖

これなら大丈夫と予想して購入しても、実際には履き心地が本人には良くない場合もあります。

逆も然り。購入したスリッパを母は軽くてラクだと言ったにもかかわらず、フェルト生地がトイレ姿勢になる時に足を不安定にさせ・・・転倒につながったのかもしれません。

・重さ
・裏底の素材
・滑らない加工(強すぎもダメ)

介護見守り役の方は、鋭く深い洞察力が要ると思います。
購入してダメだと思ったら、即 使用中止する決断を!

高齢者の転倒・骨折は、寝たきりにつながり、寿命年数の短縮につながるため慎重にスリッパを選びたいですね。

私が現在いろいろ検討中のルームシューズを掲載しておきます。

【かかとを包むタイプ】

 

【スリッパタイプ】

 

【マジックテープ開閉式タイプ】


皆さんはどんな室内バキを履いていらっしゃるんでしょうか。

人気記事

1

高齢者といっても、それに超がつく超高齢者、それは私の母です。 熱も咳も顕著な変化はなく、微熱程度で全く食欲不振というわけではなかった高齢の母が、肺炎とわかるまでの経過、介護ポイントをまとめておきます。 ...

2

このブログは、ワードプレスの無料テーマ「シンプリシティsimplicity」から始めました。 しかし、私の生活と母の認知症や加齢に伴う変化によってブログに費やす時間が少なくなったため、どうしたものかと ...

3

こんにちは。アレレ..加齢によってマイボディーは歳をとっていたんだ!と気づかされる日々です。 左耳に水が入って聞きづらいんだ…と耳鼻科に行ってみたところ、なんと副鼻腔炎(蓄膿症)だったのです。 6月の ...

4

ご訪問頂きありがとうございます。 6月4日に大腿骨を骨折して3ヶ月ちょっと。 その間いろいろありましたが、今日は、ギプス装具による皮膚トラブルによりついて。 入院手術もせず、ギブスは私の足の状態に合わ ...

5

こんにちは。2年前のちょうどこの頃、慢性関節リューマチで通院している私の血液検査が異常を示し、腕や身体の関節がアンコントロール!と叫びたいほど痛くなった。 慢性関節リューマチの再熱か?  足が腫れて何 ...

6

Contentsabout-me⓷父からの宿題 誰もが諦めていた貸地を裁判で取り戻すもうーおとうちゃんったら!!なイワクつき土地に2棟のアパート建築(2017)母と私の思いダウンライト等の照明、外構の ...

-介護, 母の介護
-, , , , , , , ,

© 2022 Resilience 〜潜在能力を活かすマネジメント