母の介護

6月の母の様子【リモート介護】

6月の母の様子は曇時々晴れ

母は相変わらず傾眠・テンションアップ・徘徊・傾眠・テンションアップの繰り返し でしたが、まずまずの日々。

一度もホームドクターに連絡することもなく、言うことやることは壊れてますが、比較的元気だったと思います(*^^)v

2年前、孫が アイルランドに行く前に一緒に食事会をした時、どこか上の空で あまり食べなかったのです。その後 肺炎になっていることがわかって入院したのも六月でした。

一週間だけ入院させ、自宅で訪問介護で元気になって現在に至ります。九十歳を過ぎると、半年単位で衰弱して、明日何が起こってもおかしくない、そんな感じです。

テンションが高い時は目の前にあるものは何でも食べます。傾眠の時は朝食を食べても昼と夜はほとんど手をつけず食べようと思っていません。

私の勝手な予測ですが・・・
90過ぎてバクバク食べると、その食べ物を消化するのに2、3日かかるんじゃないかな?と。

たくさん食べるものだからトイレにも直行(*^^)v
排便コントロールもうまくいってます。必要なときはビタミン C カプセル1000㎎を半分に分けて飲みものの中に入れて飲ませるようにします。

これは高齢者に限らず、便秘の時に有効な方法です。成人なら1000mgを一日三回ぐらい飲んで様子を見るのもありだと思います。もし軟便になればビタミン C が足りているということ。

食べて排泄 これは誰にでも当てはまることですね☆彡

食事の制限をしない けれど少量で栄養があるもの

【母の血液検査データーは良くないが・・・】

貧血の数値ヘモグロビンは9.0を切ってしまって、あまり良い状態とは言えません。

タンパク質のお肉や卵を少しでも摂取するよう気をつけています。リンゴも昼夜すりおろし。

本人が好きな甘いケーキなどを食べてもらってもいいのですが、私がダイエット中なので本当に時たま〜我慢させてごめんねって感じです(^_-)-☆

チーズケーキとプリンがやってきた!

2週間以上 スイーツは我が家で食べていませんでした。

福島からチーズケーキとプリンがやってきました(*^^)v

購入したいなと思っていたところ、そのケーキを焼いている若者が、ドイツブンデスリーガを夢見るサッカー選手だと知って 迷わずポチ。

滋養卵を使ったチーズケーキ「アムバスク」

https://item.rakuten.co.jp/applelife/ame_basque_cheese_cake/

母は一緒に購入したプリンを一口食べるなり

「美味しいーーっ」2連発

隣の部屋に聞こえる母の大絶叫を聞いて「美味しいものに飢えてたんだね!母さん 」と。

毎日飽きたゆで卵や卵料理をお皿に盛られて、もう見るのも嫌みたいですが(苦笑)久々に母の「おおいしっーおいしっー」を聞いて良かった、と思いました。

認知症になると作り話もしますが、食べ物に関しては本当のことしか言えないんですよね。

時々こういう母が喜ぶものをお取り寄せしなくては。美味しいものを食べると生きている実感がわくというものです。

私の体重はほんの少しの美味しいもので一キロは跳ね上がりました!嗚呼

人気記事

1

高齢者といっても、それに超がつく超高齢者、それは私の母です。 熱も咳も顕著な変化はなく、微熱程度で全く食欲不振というわけではなかった高齢の母が、肺炎とわかるまでの経過、介護ポイントをまとめておきます。 ...

2

このブログは、ワードプレスの無料テーマ「シンプリシティsimplicity」から始めました。 しかし、私の生活と母の認知症や加齢に伴う変化によってブログに費やす時間が少なくなったため、どうしたものかと ...

3

こんにちは。アレレ..加齢によってマイボディーは歳をとっていたんだ!と気づかされる日々です。 左耳に水が入って聞きづらいんだ…と耳鼻科に行ってみたところ、なんと副鼻腔炎(蓄膿症)だったのです。 6月の ...

4

ご訪問頂きありがとうございます。 6月4日に大腿骨を骨折して3ヶ月ちょっと。 その間いろいろありましたが、今日は、ギプス装具による皮膚トラブルによりついて。 入院手術もせず、ギブスは私の足の状態に合わ ...

5

こんにちは。2年前のちょうどこの頃、慢性関節リューマチで通院している私の血液検査が異常を示し、腕や身体の関節がアンコントロール!と叫びたいほど痛くなった。 慢性関節リューマチの再熱か?  足が腫れて何 ...

6

Contentsabout-me⓷父からの宿題 誰もが諦めていた貸地を裁判で取り戻すもうーおとうちゃんったら!!なイワクつき土地に2棟のアパート建築(2017)母と私の思いダウンライト等の照明、外構の ...

-母の介護
-, , , , , , , ,

© 2021 RieLivingCare