介護

せん妄と認知症は違う【高齢者の介護】

せん妄と認知症は違うー母の月一訪問診療を受けて

訪問診療の時、話題になったことをお伝えしますね。

現在母は92歳。
在宅介護と酸素療法0.5 L を受けながら、要介護5の私と息子夫婦、孫の手を図りながら生活しています。

 

今年は前半、痰が出なくて熱が出たり何度も「もしかしてこのまま?」と覚悟することが何度か。

仰向けに寝ないで、横向きで寝るようにした結果、後半は穏やかに過ごせるようになりました。

 

しかし、見当識障害、認知症と思っていた年相応の振る舞いは、ここ2ヶ月過激なものに変わっています。

 

母の症状と観察

 

一週間のうち月曜日と木曜日あたりにおかしな母になります。

 

排便があり (ヘルパーさんがびっくりするご立派なもの笑)

 

よく食べて完食です(食べたことを忘れてますが)

 

饒舌で「母さんこんな単語知ってるの?」と突っ込みたくなるほどの普段使わない単語言葉を使います。

 

自分の家ではなくどこかの施設病院にいて外に出ようとする、帰ろうという

 

昼寝ができない。

すぐにトイレに行く(トイレから帰ってトイレにすぐ行く)

しかも尿量が多い

 

一時的なものでは無く、夜中になっても朝になっても24時間継続的に続く

 

その結果

・本人の脈拍が100を過ぎる

・酸素チューブを外してくるくる毛糸玉のように丸めてしまう

・ふらふらして心臓が止まるかと思ってしまうほど見た目は悪い

・話す内容がめちゃくちゃなので  対応する家族は冷静さを失ってしまう。

 

せん妄を理解し、正しい接し方で 落ち着かせる

ホームドクターが「せん妄と認知症は違います。体が弱る、尿路感染の熱など原因から」とはっきりとおっしゃったので、ネット検索をしてみると、 確かに母の症状そのものが書いてありました。

在宅はもう限界かな・・・

いやいや。在宅でも、「寒い廊下で倒れこの世を去っても仕方がない」と受け入れる覚悟を持てばまだ大丈夫。

次の「何が起こっても仕方がない覚悟」 段階にいる感じで日々を送ってます。

 接し方は

・全くつじつまが合ってなくても それに合わせる

・ベッドに横になって欲しいと思っても じっとしていられないなら許容する

・入れ歯をがないと夜中に何度も言う時は、言っても理解できないなら寝る時も義歯を装着

・安心する言葉と 声のトーン

せん妄 安心する声かけと 声のトーン

昨日は朝からテンション MAX でせん妄状態でした。

なぜわかるかと言うと「ヘルパーさんが山から滑り落ちた」いつもテンションハイの時に言うセリフが始まったからです。 同じ状況が見えるのか心配する母。

私達は「ああ、始まった」とその言葉を聞いた瞬間から覚悟し始める。

母は生まれた家に帰ろうとするので、靴がどこにあるか私に聞いてくるのです。

ヘルパーさんが「ここが家ですよ」と言っても5分後にはまた同じ質問。

 夜中の3時までトイレ往復を何度もして、酸素チューブを鼻から外して本体機械から取り付け部分を引っこ抜きたい母は「ねじ回しがいるね」と躍起になる。ベッドから私は「明日明るくなってみてもらおうね」と言うのが精いっぱいでしたが・・・

03時amの訪問介護ヘルパーさんが 優しい声でゆっくりと「疲れたから寝ようね」と、お手洗いの後 お茶を飲ませてベッドに誘導すると安心して眠りにつきました.

 神対応だ!

おかげで私も朝の3時半から朝まで少し眠ることができました!(^^)!

 ヘルパーさんに学んだこと・・・

ゆっくり落ち着いて安心させる言葉をかけることでした。

せん妄の時は、家族も俳優女優になって「催眠術者」になりきった言葉で試してみましょう。

 

イラッときても封じ込めてみましょう(ワタシも実践あるのみ)

 

今後どうなるか また分かったことはお伝えしますね.

 

追伸

静かないつも通りの母に戻りました。冬眠してる感じで疲れきったのかな?

こんな感じのパターンが一週間に2度きます。

人気記事

1

高齢者といっても、それに超がつく超高齢者、それは私の母です。 熱も咳も顕著な変化はなく、微熱程度で全く食欲不振というわけではなかった高齢の母が、肺炎とわかるまでの経過、介護ポイントをまとめておきます。 ...

2

このブログは、ワードプレスの無料テーマ「シンプリシティsimplicity」から始めました。 しかし、私の生活と母の認知症や加齢に伴う変化によってブログに費やす時間が少なくなったため、どうしたものかと ...

3

こんにちは。アレレ..加齢によってマイボディーは歳をとっていたんだ!と気づかされる日々です。 左耳に水が入って聞きづらいんだ…と耳鼻科に行ってみたところ、なんと副鼻腔炎(蓄膿症)だったのです。 6月の ...

4

ご訪問頂きありがとうございます。 6月4日に大腿骨を骨折して3ヶ月ちょっと。 その間いろいろありましたが、今日は、ギプス装具による皮膚トラブルによりついて。 入院手術もせず、ギブスは私の足の状態に合わ ...

5

こんにちは。2年前のちょうどこの頃、慢性関節リューマチで通院している私の血液検査が異常を示し、腕や身体の関節がアンコントロール!と叫びたいほど痛くなった。 慢性関節リューマチの再熱か?  足が腫れて何 ...

6

Contentsabout-me⓷父からの宿題 誰もが諦めていた貸地を裁判で取り戻すもうーおとうちゃんったら!!なイワクつき土地に2棟のアパート建築(2017)母と私の思いダウンライト等の照明、外構の ...

-介護
-, , , , , , ,

© 2022 Resilience 〜潜在能力を活かすマネジメント