介護 母の介護

認知症、留守中の予測不能な出来事。

訪問介護を受けている私は、旅行に出かける朝、今回こそ余裕をもって出かけようと毎回思うのですが…なぜかバタバタと出かけるようになってしまいます。これまでゆとりを持って家を出たことは…ほとんどないような(汗

先週末、いよいよ出発って時に、「じゃあ、お母さん行ってくるね!
と言うと、「どこに行くの?
ガクッ 昨夜した旅行の話は何処へ…(;'∀') 

認知症の母とわかっていても、マダラまともな時もあるから、つい期待してしまうのでしょうね。

母に旅行に行ってくることをゆっくり丁寧に告げ、昇降機で降りようとした時、ヘルパーさんが気になることがあって室内に戻ると、母が私はどうしとったらいい?」と不安そうに聞いたらしい。

「次のヘルパーさんが直ぐ来るから、ベッドに行って寝とってねー」と指示したとの事。(ナイス対応☆彡独り転倒が怖い)

それを聞いて少し心配しましたが、次の訪問介護ヘルパーさんの到着まで長くはなかったので、気持ちを切り替えて出発。

留守の間は、朝、昼、夕方、真夜中の3時の訪問介護とし、介護がない間は、兄、甥、姪に様子を見るよう頼んでおいたので安心して出かけられました。今は認知症になってしまった母ですが、甥が乳児の時から保育園の送り迎えを母が自転車てしていたこともあり、おばあちゃんにはとても優しく、いつも留守中の見守りを受けてくれるので私も助かります。

旅行中、今回はアクシデント連絡もなかったので、旅行をエンジョイできました。母の介護ヘルパーの方々、兄家族にも感謝です。

留守中のハプニング事例を次回対策に

しかし、実際に帰ってヘルパーさんから留守中報告を聞くと…

1、真夜中の03時に、テレビ、ダウンライトも全てつけ、食卓テーブルに座っていたそう。(いつもは爆睡中)

2、翌日も03時、ヘルパーさん、家に鍵がかかって入れず…

慌てさせてしまったようですが、以前から決めてある事をして、なんとか入ることができたとのこと。

深夜のヘルパーの方は、次々と時間が決まって行くところがあるから手間をかけてはいけませんよね。すみません<m(__)m> 上記の1.のことはともかく、2の内側から母がカギをかけてしまうことは、今後も起こるかもしれません。

鍵がかかって入れない場合の介護会社との決め事も必要

セキュリティ設定や鍵のこと、気をつけていてもハプニングは起きるので、想定した対応、決めごとを介護会社と話しておくべきでしょう。

今回の我が家の施錠の件も、今後また閉まっていたら…と介護会社の管理者と相談確認する予定です。

3、普段から洗濯物はたたんだりしますが、留守中、なぜか普段やってもいないデロンギのオイルヒーターの上にバスタオルをかけたりしたらしい。

オイルヒーターの上にタオルをかけさせない

ガスコンロやストーブ、オイルヒーターなど、危険性があるものに留守中は注視してもらうこと。今回、ヘルパーの方が見つけてくださったので大丈夫でした。※次回冬季スイッチONの時、留守中対策が必要 

こぼれ話
4年前、ソウル旅行中に、アラームが鳴り止まなくてどうしたら止めることができるか?と言うメッセージが入ってびっくりしたことがあった。てっきりお風呂のアラームかと思って「引っぱれば止まるよ!」と伝えても止まらないと言う返事。トイレに設置したアラームが原因だった。15年の間、一度も2ヶ所あるトイレのアラームを鳴らした人はいなかったので、原因究明に時間がかかったらしい。母や家族は、30時間もアラーム騒音にさらされていたと帰国後に聞き、もっとビックリ…@@

認知症の高齢者への接し方

それから、「Rieさんがいない間、お母さんはシャキッとしていらっしゃいましたよと言われました。笑

 

普段だと、私に色々と指図、注意されるため自由にできないけれど、口うるさい娘がいない分、のびのびと生活してたようです☺

留守中の母のことを聞くと、少し自由に緩めた方が良いのかなあと反省。

できる役割を増やす

・洗濯ものをたたむ

・柑橘類の皮むき

・調理の手伝い

・猫のごはん(最近しなくなってきた)

座ってTV、ベッドで横になる以外に、積極的に家事をすることで認知症が落ち着くように思います。留守中、はりきっていたようなので、今後も関わってもらいます!

離れているときは優しくできたのに、いざ一緒に住み始めるといろいろありますね。
認知症の人には、ひどく叱ったり高圧的な態度が良くないとわかっていても、ついつい禁止ワード連続になったり…そしてこっちも落ち込む。(;'∀'
徘徊、全く予想のつかないことをし始めたり、いろいろですよね。そういう意味でも身内ではなく、プロフェッショナルな介護ヘルパーの方にワンクッション入ってもらって介護をお願いする事はとても大切で助かります。
私がベッドの上で安静にしている時、母のヘルパーさんとの会話をこっそり聞いていると、母が心を許してよくしゃべるヘルパーさんと、そうではない人とあることがわかってきます。違いは受けいれと口調。

 受け入れと対処法がカギ

人はだれでも管理されるのは嫌なので、今回の留守中はシャキシャキ元気だったと言う母になるように、私も言動に気をつけようと思いました。母が話す内容への共感と、静かに受け入れて聞き流すこちらの態度こそがカギとなるようです。

その話、聞いたよ〜100回も!って大声で言いたくなるのをグッと我慢なんですね。はい。

脚色ストーリーにツッコミ入れたくなっても我慢。

要はそういうことなんですね。

認知症の薬は現在は一切服用していません。(服用すると攻撃的別人格になる気がして・・・)

この旅行中、学生時代の友人のお母様も認知症で一人暮らしで、今後の対応をどうしたものか…そんな話をしたばかりです。

初めての子育てと同じように初めての親の介護…みんなそれぞれ悩みます。でも情熱を持っていろいろ模索すれば、必ず良い解決方法が見つかるはず。(*^^)v

人気記事

1

高齢者といっても、それに超がつく超高齢者、それは私の母です。 熱も咳も顕著な変化はなく、微熱程度で全く食欲不振というわけではなかった高齢の母が、肺炎とわかるまでの経過、介護ポイントをまとめておきます。 ...

2

このブログは、ワードプレスの無料テーマ「シンプリシティsimplicity」から始めました。 しかし、私の生活と母の認知症や加齢に伴う変化によってブログに費やす時間が少なくなったため、どうしたものかと ...

3

こんにちは。アレレ..加齢によってマイボディーは歳をとっていたんだ!と気づかされる日々です。 左耳に水が入って聞きづらいんだ…と耳鼻科に行ってみたところ、なんと副鼻腔炎(蓄膿症)だったのです。 6月の ...

4

ご訪問頂きありがとうございます。 6月4日に大腿骨を骨折して3ヶ月ちょっと。 その間いろいろありましたが、今日は、ギプス装具による皮膚トラブルによりついて。 入院手術もせず、ギブスは私の足の状態に合わ ...

5

こんにちは。2年前のちょうどこの頃、慢性関節リューマチで通院している私の血液検査が異常を示し、腕や身体の関節がアンコントロール!と叫びたいほど痛くなった。 慢性関節リューマチの再熱か?  足が腫れて何 ...

6

Contentsabout-me⓷父からの宿題 誰もが諦めていた貸地を裁判で取り戻すもうーおとうちゃんったら!!なイワクつき土地に2棟のアパート建築(2017)母と私の思いダウンライト等の照明、外構の ...

-介護, 母の介護
-, ,

© 2022 Resilience 〜潜在能力を活かすマネジメント